ルームウェアで重視するのは着心地

敏感肌なので、ルームウェアを選ぶとき、まずは着心地重視、
次にデザインが可愛ければ言うことないという感じです。

 

インナーは男性用のものを着ています。
なぜなら、女性用のインナーってデコルテが大きく空いたものが多いですよね。

 

すると、上に着るものが直接肌に触れてしまい、かぶれる面積が大きくなってしまうからです。
その点、男性用のインナーは首が詰まっていつので肌を傷めなくて、とっても快適です。

 

部屋着のデザインについては、あえて外には着ていかないような、
ぶりぶりに可愛い色や柄のものを選ぶようにしています。

 

普段は紺や茶色など地味な服ばかりなので、部屋着も同じような色を着ていたのですが、
ピンクや白、水色などを着るようになってからは、女性らしく見えると喜んでくれます。

 

起きて家事をするときは、キルティング素材の巻きスカートをプラスすると、
腰も冷えないし、ますます女性らしさがアピールできるように思います。

 

主人用のメンズのパジャマは、チェックやノルディックなど、
一枚でもさまになって見える柄物を選んでいます。

 

「似合ってる」「カッコいいね」など言うと喜んでくれるし、
嫌がらずにゴミ出しにも行ってくれるようになってきました。


このページの先頭へ戻る